Rocks Company ホームページへも是非遊びにきてください

感動を生むおもてなしの極意|相手の期待を超えるサービスを提供する方法|vol.843

IT雑学

先日行われた高千穂サミット

われわれブログ仲間の
全国大会が高千穂で
成功に終わりました

ご参加いただいた方からは
「おもてなし感」をお褒めいただき

仕掛けた実行委員会側としても
嬉しい限りです

しかし「おもてなし」は
みなさんの周りにも
たくさんあります

仕事でも活かせるはず!

今回はそんな「おもてなしの極意」を
お話しさせていただきます

筆者
筆者
クボタサトシ

筆者は大分県大分市で

IT集客業をやっています

久保田サトシ と言います

 

本ブログは難しいとされるITの世界を少しでもわかりやすくお伝えし便利で豊かなデジタルの世界を知っていただくために毎日欠かさず書いています

 

なるべく「ひらがな」で解説いたしますがITと関連のない個人的なブログもありますのでたまたまの場合はご容赦ください

 

それでは今日の話も
最後までよろしくお願いいたします

▼久保田のプロフィール
https://blog.rocks-c.com/2023/01/04/satoshiani/

「人が感じる感動とは?」を分析してみる

「感動」には無数の種類があるので

ここでお話しする「感動」とは
「おもてなし」をベースに

私が考える「ちょっとした感動」
の話をさせていただきます

これを読めば
あなたも身近な人に
簡単に感動を与えることができます!

でもそんなに
大した話ではないので
期待しないでくださいね


感動を生む条件

「感動」は自然に出るだけでなく
恋に生み出すこともできます

その条件とは
相手の予想の一歩上を行く
ことです

言い換えれば
相手が予想していることの一歩上を
行けるかどうかが

感動を覚えるかどうかの
瀬戸際となります

予想をしていなかった出来事こそ
感動の元となるわけです

それらを生み出せたら
あなたのファンになること
間違いなしです

勘違いしている「サプライズ」という言葉

最近サプライズと
呼ばれるものが増えました

結婚式場で安易に使われる
言葉です

私はこの言葉が
大嫌いです!

驚かないのに
サプライズ(驚き)という
表現を平気で使っているからです

「新郎新婦へサプライズの手紙が届いています!」

多分こんな使い方してますよね

結婚式に手紙はつきも

手紙が届いていることは
驚きでも感動でもありません

『(新郎新婦)そんな!!(驚き)』

となったのを
見たことがありません

サプライズとは
主役やみんなが感動して
初めて使われる言葉

ウェディングプランナーが
用意するサプライズは

近年安っぽいものが
多い気がしています

何度も言いますが
私の一歩上を超えていかなければ
私を感動させることができません

予想していなかったこと
想像していなかったことであれば

私もサプライズという言葉が
もっと好きになったかもしれませんね


あなたの身近な感動

あなたの身の回りにも
何気ない感動はたくさんあると思います

何気なく届いた手紙…

その手紙が手書きで
相手に対し最上級の思いが
込められていると感じた瞬間

手紙を受け取る側には
感動が降ってくることでしょう

予想していなかった
出来事に対する感動です

難しい感動とは

感動には
難しいものもあります

今から感動が
やってくるのではないかと
予想されているものです

例えばアーティストの
コンサート

自分が高額なチケットを買い
楽しみにしていたコンサートが
期待以下であった場合

そのアーティストのファンから
自分は去り

二度と他人に薦めることは
ありません

ショービジネスは
お客の予想を超えることが
常に求められています

ここを間違えた
エンターテイメントを
語ったものが世の中に多いのも
事実です

若い売れっ子のアーティストが
ジジィに響かないのは

流行りがずれているわけでは
ありません

ジジィは若手アーティストの
上のレベルの感動を知っていて

若手アーティストは
ジジィを越えられないだけです




あなたの仕事はどうですか?

仕事とは
元来相手が求める価値や
サービスを提供し
その対価を得るものです

お客様は大きな期待を
抱いています

もし提供するサービスが
その対価以下と感じた場合

そのサービスの存在価値は
失われます

改めて言いますが
相手を感動させるためには

相手の予想の一歩上を
行くことが必須条件です

そのポイントさえ
見つけることができれば
相手は簡単に自分のファンになります

おもてなしとは?

その中で
おもてなしという言葉が
よく使われますが

元来おもてなしとは
お金をかけずに
相手を感動させるものです

つまり最高と言われるおもてなしは
お金をかける必要がありません

例えば飲食店でのおもてなし

お客さんが
予想していなかった帰り際に

ちょっとした心のこもった
手土産を渡すことで

お客様は感動し
知人にその店のことを話すでしょう

しかし店側にとって
その手土産のコストは微々たるものです

例えば来客時に出す
一杯のお茶

器や温度やタイミングを
考えて出しているでしょうか?

お茶でもコーヒーでも
相手におもてなしを
感じさせなければ意味がありません

最近会社訪問すると
小さなペットボトルが出されることが
多いです

それに不満はありませんが
私のために用意してくれた
というおもてなし感は感じられません


お茶を出すことが
来客時の儀式になっているように
見えますが

あなたのために
心を込めて淹れたお茶と

形式だけのお茶では
大きな違いがあります

そもそも茶道には
そういった基本的な思いが
教えられています

高千穂サミットでのおもてなし

今回実行委員として
活動に加わったBBA高千穂サミット

参加者からもてなしが
素晴らしかったと言われました

特にホテルの温泉の
出口に置いたビールが好評でした

温泉後の一杯のビールは
最高です

出口にキンキンに冷えた
ビールを置き
皆さんに振る舞いましたが

ただ振る舞うだけでは
感動が少ないと思い

実行委員長の顔写真とともに
「一杯ぐらいは奢ります」
と書いた紙を添えました

皆さんには
大変好評いただきましたが

実はこのおもてなしは
私が過去に訪れた旅館での
経験を元にしたものです

その旅館でも同様に
ビールを振る舞っていました

ちなみに
経費はビール代だけです


おもてなしはタダ

おもてなしに
値段をつけてはいけません

お金で買えない感動を
与えることが本来のおもてなしです

おもてなしに
金額をつけてしまうと

それは有料サービスに
なってしまいます

おもてなしは
お金に換算すると
非常に安価です

ただその分
おもてなしには

時間と手間がかかります

手書きの手紙や
心のこもった料理がいい例です



さぁあなたは
周囲の人に

どのようにおもてなしを
振舞いますか?

どんな方でも
相手のことを思いやり

一歩上をいく想定外を考えれば
誰でも感動させることはできます


ワクワクしながら
考えてみてください!

今日はこの辺で



 

無料オンラインサロン入会受付中!

ブログの更新情報やIT集客についてのヒントをお教えしています
非公開のフェイスブックグループです
https://www.facebook.com/groups/1284260338789747

お気軽に入会いただき
共に勉強してましょう!

久保田サトシオンラインサロン入会入口
久保田サトシオンラインサロン入会入口

 

皆様からの励ましのコメントを是非お願いします

タイトルとURLをコピーしました